XOOPSでページ毎keywordsやdescriptionを変える

googleロボット君は、ほとんどkeywordsは見てくれない!
Yahoo!は見てくれるけど、少ない方がいい。5つ位!
・・・
SEOに関する情報は、いろいろですよね。

実際、
どうなのかわかりませんが、
せめてdescriptionだけでもページ独自のものを!
と思い、

やってみました。

XOOPSは『Smarty』が使われているようでして・・・、
『Smarty』。
なんだそれ?
である。

< {if $xoops_dirname == "yoko"}>
<meta name="description" content="ヨコちゃんについて" />
< {elseif $xoops_dirname == "hama"}>
<meta name="description" content="ハマちゃんについて" />
< {else}>
<meta name="description" content="<{$xoops_meta_description}>" />
< {/if}></meta>

こんな感じです。(最後のはいりません。)

これの応用で、
トップページではh1タグでアピールしたいけど、
下層ページではpタグでいい、
と思う場合。
(そんな場合もあるのです。)

< {if $xoops_dirname == "" }>
  <h1>ヨコハマヤで〜す!</h1>
  < {else}>
  <p>ヨコハマヤで〜す!</p>
  < {/if}>

その他、
トップページには載せたい画像だけど、
下層ページでは鬱陶しいから隠したい・・・、
などの場合にも使えます。

Pocket