浪華疾風伝 あかね 壱

おもしろかった!!

築山桂さんの作品。

どうやら、
表紙といい、出版社さんといい、
若者をターゲットにしているようですが、
おばちゃんも十分楽しませていただきましたよ。

弐。
来月が待ちどおしいです。

「時代小説」というものには、全くご縁がなかったのですが、
ある出会いをきっかけに好きになりました。
「歴女」ではないですが・・・。
(^_^;)

♪花ならば〜花ならば〜・・・♪

昔々、
小学校の運動会(4年生やったかな?)で、六文銭のハチマキを額にキリッと巻き、
自分らでマジックで六文銭を描いた扇子を右手に持ち、

みんなで舞いましたね〜、

真田節。

真田幸村バンザイ!

でも、そういえば、
「信濃の国」(長野県歌)には真田さん出てこないなあ〜・・・??

Pocket