製造→卸売→小売

診療放射線技師時代には、
全くと言っていい程無関心だった「商品流通」。

今、ある商品のデザインをさせていただいてます。

私の位置は、
もちろん「製造」。

その商品が「卸売(問屋)」までいったそうです。

その商品が「小売」までいってくれることを願いながら、
また私は次の「製造」をします。

ホームページ制作やチラシなどのデザイン業務などでも、
お客様へ一発目のご提案する時、
とても「ドキドキ」しますが、

その「ドキドキ」とはまた違った感覚を味わっております。

「息を吸って、止めてくださ〜い!」(例:胸部X線撮影)
などと言っていた頃が懐かしいです。

全く別の道を歩み始めて4年。
とりあえず、
「前進あるのみ」でやってまいりましたが、
こうやって仕事で良い「ドキドキ」を味わうことが出来ることを、
とても感謝しております。

よく、
「デザイナー」という職業の人が取りあげられることが多いですが、

「デザイナー」が「デザイン」したものを(2次元の絵を)を実際の商品(3次元)にする方々(職人さん)も、
とても「スゴイ」です!

先日、
自分のデザインしたものが形になって、
それを目にした時、
「わ!スゴイ!!こんなに素敵になったんですか!?」
と叫んでしまいました。

「あなたがデザインしたんですよ!」
とおっしゃっていただきましたが、

いえいえ・・・、

「職人さん」スゴイ!

感動しました。

その商品が店で売られる日を夢見て、
今日は土曜日ですが、
頑張って働きます。

Pocket