田舎者

昨日は、
子供ら4人と私の5人で、
京都の街をぶらぶらとしてきました。

「久しぶりに地下鉄乗ってみる?」

ということになり、

切符を買って、
いざ、
自動改札口へ!

田舎者の子供らは、
「?」。
(^◇^;)

数年前にも何度か経験してるはずなのですが、
すっかりお忘れの様子。

「ど、どこ入れるン?」
「こ、ここ?」

楽しそうでした。(^-^)

それから、

「わあ〜、このエスカレーター、めっちゃ長い!」
と喜んだりもしておりました。

長いエスカレーターと言えば・・・、

むか〜し昔、
(田舎者が)東京で一人暮らしを始めた次の日、
優しい大家さんに、
「お茶の水にでも行ってみたら。学生の街だよ!」と言われ、
早速、千代田線へ。
新お茶の水駅の長〜いエスカレーターを目にして、
「な、何じゃこりゃ!」
とかなり衝撃を受けたのを鮮明に覚えております。

懐かしい・・・。

Pocket

“田舎者” への2件の返信

  1.  そういえば小浜には今エスカレーターがないんですよね。
     つばき回廊に西友が入った時、子どもたちが初めてエスカレーターというものを経験して大騒ぎしたのを思い出しました。次のカルチャーショックは大阪梅田で見かけたムービングロードでした。大きくなってから色々新鮮な体験ができていいじゃない、と思うことにしたのが昨日のよう。自動改札体験もさせたっけ・・・ 懐かしいです。

  2. おにぎり様

    コメントありがとうございます。
    田舎で生まれ育ってよかったなあ、と思うことがいくつかありますが、一番それを強く思うのは「水の味がわかる」ことです。
    東京の水にびっくりして、多くの田舎出身者が飲めない話で盛り上がりました。でも、東京の子数人を信州に連れて行って「おいしいでしょ」っと田舎の水を飲んでもらっても「?」。
    どの子も味の違いがわからないようでした。
    まあ、たまたまその子達が味オンチだったのかもしれませんが・・・。

コメントは受け付けていません。