生誕250年記念展「北斎の富士 冨嶽三十六景と冨嶽百景」

冬休み最終日、
子どもら4人連れて、
「北斎の富士」展に行ってきました。

美術館「えき」KYOTO まで。

予想通り多くの人でしたが、
秋に行ったフェルメール展ほど何十分待ちということはなく、
小さい美術館の中は、
人生の先輩方がいっぱい!
といった感じでした。

浮世絵はやはり高齢の方に人気のようですね。

でも、
浮世絵が大好きな私は、
どうしても子どもらに間近で観て欲しくて、
ちょっと早いかな?
とも思いましたが、
連れて行きました。

普段から、
何気に、
北斎やら国芳やら広重やら・・・の作品を紹介する本を
「スゴイよねえ〜!!日本人に生まれてよかった〜って思わん??」
とか言いながら(洗脳しながら)見せているため、
「あ!コレみたことある!!」
とか言いながら、
すぐ飽きてしまうだろうと予想してた末っ子も、
じっくり一枚一枚鑑賞しておりました。
(ダウンちゃん長男は半分は椅子に座って休んでましたが・・・(*´∀`) )

以前、
一人で観にいった北斎展にはあまり展示されていなかった「冨嶽百景」が、
今回は多くあり、
なかなかよかったですよ。

今月22日まで開催されてます。


Pocket